ダークモード

すべてのページの中身はあくまでDEMO表示用に記述したものです。

よって内容の正確さに関しましてはいかなる保証をするものでもありません。予めご了承ください。

このページのみですが、ベースカラー別サンプルや右サイドメニューなどを確認できます。

ベースカラー変更で変わるのは、【Volar】による自動変更箇所に加えてサイドバーのメニュー見出し背景色・および本文見出しの背景色やボーダーなどです。

天然水とRO水の違い(H1見出し)

キャプチャ画像

ここでは天然水とRO水の違いについて詳しくご紹介していきます。


天然水とRO水の違いって何なの?(H2見出し)

天然水(H3見出し)

キャプチャ画像

天然水というのは文字通り天然の水のことで、原水をそのまま宅配している水です。

 

もちろん殺菌や放射性物質検査は済ませた上でのことですよ。

 

天然水の場合は、採水地によってそれぞれ独特の「味」があります。

 

カルシウムやカリウムといったミネラル成分もマチマチですので、半人工的に作られた水にはない独特の甘みミネラル風味といったものがあり、これが天然水の魅力でもあります。

 

個人的な感覚で言えば、子供の頃、田舎の山を奥深くまで登った先に流れ出ている湧き水を飲んだ時のあの味ですね。

 

水の安全面に関してはウォーターサーバー各社を比較検討してみると一番気を使っているところではないでしょうか。

 

ちょっとでも不安材料が世間に広まれば一気に出荷停止になっちゃいますから、どこも最高度の技術で不純物やウイルスなどの混入をしっかり防いでいるハズです。

 

「天然水は安全性に問題あり」というのはもはや過去の話です。

 

RO水(H3見出し)

キャプチャ画像

一方RO水というのは、NASAでも採用されている高度なろ過システムでRO膜(逆浸透膜)という超微細孔のフィルターでろ過された水のことです。

 

このシステムは塩素、大腸菌などのウイルス、ダイオキシンなどの環境物質はもちろんのことほぼあらゆる不純物を取り除いてしまいますから「純水」に近い水を作ることができます。

 

ただミネラル成分も除去されてしまうので、アクアクララのようにあとからミネラル分を調整して加えているところが多いですね。

 

こういった事情から、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代層に受け入れられる安心な水というイメージが強いです。

 

いわば万能型の水ですね。

その分、比較してみても味の差は出しにくいというデメリットもあります。

 

RO水の特徴として、ほぼ似たようなレベルの水を大量に作ることが可能なので、水の値段を比較的安価に抑えることができるというのがあります。

 

その分、サーバー代を請求するところもありますが。

 

要はウォーターサーバーの水を何にどのように使うかによって選べばいいだけのことです。

 

ベースカラー選択

SIRIUSカスタムテンプレート【Volar】

キャプチャ画像

SIRIUS ver.1.5で大幅刷新された新テンプレートを元に、独自のカスタマイズを加えた改良型SIRIUSカスタムテンプレートが【Volar】です。

入手方法についてはコチラ↓をご覧ください

(※「SIRIUSでホームページ作成」という姉妹サイトの専用ページが開きます)